タグ:VECTOR ( 4 ) タグの人気記事
VECTOR QUAD
b0179468_1824768.jpg
b0179468_1825320.jpg
b0179468_1825826.jpg

Tomo Surfboards JAPAN

MPH/VECTOR QUAD

5'6"×18 1/2"×2 1/4"

SOLD OUT

ヴェクタークアッドは人気モデルのひとつです。

特に日本のようなスモールウェーブではとってもフレンドリー。

とにかく パドルや波のキャッチが早い!

こういった類のボードはファットで動きの素早さが失われがちですが、MPHシリーズはその動きの良さ、反応の速さといったところでも素晴らしい働きをしてくれます。



自然のエネルギー(波)のチカラをフルに使い、ボードを通じてライダーの技術や、力をほんの少し足してあげるだけ。

リラックスして自然に溶け込むこと、、、、こんなことを頭に浮かべて波乗りしてみてください。



初心者~上級者まで、サイズスペックによりどんなサーファーにも乗りやすくなります。



[PR]
by dantomo-j | 2011-04-13 18:25
MPH VECTOR

Shape&Design/Rider : Daniel Thomson


TomoSurfboards 

MPH / VECTOR Quad 5’4”

Wetsuits by AxxeClassic




VECTOR は、スモールウェーブにおける革新的マシンです。

非常に反応が良く、頭の中でターンを思い描けば、あなたの思い描いた場所へ導いてくれることでしょう。

通常のボードで1ターンできる程のスペースがあれば、VECTOR なら3ターンは可能です。

VECTOR は、常にレールトゥレールで動いていることを好み、衝撃的なスピードでフラットなフェイスさえも滑走することができます。

それはディープなクアッドコンケーブとの融合により、水面との密着性を高めるチューニングが施されていることに関係しています。

このVECTOR Quadには、パワードライブフィンのセッティングが理想的です。
[PR]
by dantomo-j | 2011-01-12 16:09
VECTOR
b0179468_19224810.jpg
b0179468_19225442.jpg
b0179468_19225947.jpg
b0179468_1923422.jpg

Tomo Surboards

Design&Shaped by Daniel Thomson

MPH

VECTOR Dual (Power Drive Keel Fin's)

5'3"×20"×2 1/4"

EPS/EPOXY



九州で行われていたWQSの大会は、クォーターファイナルで敗退してしまいました。

本人としては、納得のいかない結果で終了してしまいました。

が、

新しいミニシリーズのデザインをコンテストで試すことはできました。

基本的にフリースタイルなボードデザインを追及していますが、コンテストなどでも十分対応できるモデルデザインにもなります。

モデルや、サイズスペックでどんなサーファーにも楽しんでもらえると思います。

今回、コンテストをライブ中継で応援して下さった たくさんの方達、

本当にありがとうございました。




ひとつ、

今回大会で使用したボードは、5’2”という長さでした。

短きゃいいってもんではありません。

が、


ヒート中、時折見せた


とてつもないハイスピードサーフィン、


ダニエル・トムソンというサーファー自体のレベルも相当ですが、


それを引き出す、ボードのポテンシャルの高さも相当なものです。
[PR]
by dantomo-j | 2010-10-11 19:48
VECTOR Quad " MPH "
b0179468_15333333.jpg
b0179468_15333845.jpg
b0179468_15334327.jpg

Tomo Surfboards
Micro Planing Hall
VECTOR Quad

今シーズン、オススメのミニシリーズからクアッドモデルの紹介です。

なんとも不思議なテール形状です。

が、

これ、じつはダニエルさんのサーフボードデザインには欠かせないグリノウ先生からヒントをいただいたものです。

古~ぃグリノウさんのスプーンの中でこんなテール形状をしたものがあったの、他に知ってる人いたらすごいです。

フィンに沿って、テールのそれぞれのピンに繋がるチャンネルのように深く入った4つのコンケーブがとっても特徴的。

アウトライン、ボトム形状、フィン、そしてテール形状まで、彼のボードは全てが繋がったラインで考えられます。

ライディング中、ボードやフィンがどういう力でどれぐらいフレックスするものなのか、しなっている一瞬の形もそれぞれが途切れることなく繋がったラインでいられるか、レールやボトム、フィンからテールに流れる水がいつもスムーズな流れをしているか。

すべてをひとつのものとして考えます。

ダニエルさんの作るボードはとても奇抜なデザインに見えますが、これはボードの機能を考えて作られた結果であり、よくあるファッション的要素だけで作られたものとは真逆のものです。

私は、個人的にミニシリーズの中で一番お気に入りのモデルがこのヴェクタークアッドです。最高です。
[PR]
by dantomo-j | 2010-07-05 17:41
  
|