「ほっ」と。キャンペーン
タグ:Raptor V1 ( 4 ) タグの人気記事
MPH RP5’6”
b0179468_1154029.jpg
b0179468_1154661.jpg
b0179468_1155244.jpg

Design&Shape by Daniel Thomson

MPH

Raptor V1 /Channel Bottom

5'6"×18 1/2"×2 1/4”


ハイドロダイナミカ企画のテストパイロットシリーズでも使用されたこのモデル。

カリフォルニアでは、リチャード・ケンビン氏をはじめ、タイラー・ウォーレンくんなども気に入って乗ってくれています。


進化したデュアルフィンとのコンビネーションにより、高いスピード性とコントロール性を兼ね備えていて、 

膝波からダブルオーバーの波に適応、あるいはそれ以上のサイズの波にチャレンジすることも可能なモデルです。
[PR]
by dantomo-j | 2010-12-08 11:22
V1 Afterburner
b0179468_111833.jpg
b0179468_1111596.jpg
b0179468_1112174.jpg

TomoSurfboards

Hydro Foil

Raptor V1 Afterburner

5'8"×18 1/2"×2 3/16"

Design & Shape by Daniel Thomson

For Ryou
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-18 11:05
MPH Raptor Tail
b0179468_1425365.jpg
b0179468_1425436.jpg
b0179468_14255165.jpg

Tomo Surfboards

Maicro Planing Hull / Raptor Tail

5'5"×18 1/2"×2 1/4"

STRINGLESS EPS+EPOXY

Design&Shape by Daniel Thomson

今年人気のMPHシリーズは、リチャード・ケンビンさんによるハイドロダイナミカ企画から生まれたミニシモンズの延長線上でつくられたモデルです。

ただし、ハイドロダイナミカの中で使用されるトモサーフボードのミニシモンズシリーズはラプターテール、チャンネルボトムの1型のみ。(ハイドロフォイルシリーズは別です。)

初めはマイクロシモンズというモデル名でスタートしていました。

その後、どんどん改良が重ねられ、もともとミニシモンズの中で一番ハイパフォーマンスだったこのダニエルさんのマイクロシモンズですが、その枠からも大きく抜け出し、さらに上のステージへ押し上げられたデザインになり、モデル名もマイクロプランニングホール(和製発音だと最後はハルでもよいです。。。)と改められました。

トモサーフボードの中では、この「Micro Planing Hull」 略して=MPHはいろんなテール形状とのセットアップが可能です。それに伴い、フィン、ボトム形状なども調整されます。
[PR]
by dantomo-j | 2010-08-25 15:05
Tomo for Tomo
b0179468_15263779.jpg
b0179468_15264299.jpg
b0179468_15264653.jpg
b0179468_1526518.jpg

Tomo Surfboards

Shape&Design by Daniel Thomson(Tomo)

Hydro Foil

Raptor V1

EPS+EPOXY

Custom order for TomoYuki ・S(Tomo)
[PR]
by dantomo-j | 2010-07-12 15:30
  
|