モデルラインナップ

 ◎ RAPTOR【ラプター】シリーズ
b0179468_11162781.jpg
▶ FA-22 RAPTOR V1
FA-22 RAPTOR V1はアメリカ空軍の戦闘ジェット機からインスパイアされたモデルで、スピードを失わずにシャープな動きとマニューバーを可能にします。スピードを生み出す最も優れたアウトラインは、従来のフィッシュテールではなく、計算され尽くされたシャープな角度調整のコンビネーションにより生み出されると考えます。結果として、RAPTORテールは抵抗を最小限に抑え、無理な操作を必要としないマニューバー性を兼ね備えています。このモデルは全く新しい次世代のサーフィンを可能にさせてくれるモデルです。→お問い合わせフォームへ

b0179468_230588.jpgb0179468_2301897.jpg

▶ RAPTOR V1 AFTERBURNER (CHANNEL BOTTOM)
このモデルはV1と同じアウトラインを持ち、ボトムに施したディープVダブルコンケーブを通る特殊な4本のチャンネルに対応できる様ロッカーとボトム形状を調節したモデルです。高い安定性を持ち、パワフルなコンディションでのコントロール性とホールド性に優れています。説明不要な位やばいスピードとパフォーマンスを可能にさせてくれます。
→お問い合わせフォームへ

b0179468_23412549.jpgb0179468_23414036.jpg

▶ FA-22 RAPTOR V2
FA-22 RAPTOR V2はV1と同じ高速性能の理論に基づき考えられたモデルです。基本的なデザインはV1と同じですが微妙に水流角度に変化をつける為にテールの一部をカットしたデザインで、見た目から言うなれば「ダブルダイヤモンドフィッシュテール」とでも言うべきでしょうか。このモデルはV1と同じ高速性能を備え、よりマニューバー性に優れています。ターン時の反応が極めて良いため上級者向けで、逆に初心者の方にはコントロールが難しいかも知れません。また、今僕が所持しているハイドロフォイルの選択肢で最も信頼できる、オールラウンドに使う事が出来るのがこのモデルです。→お問い合わせフォームへ

b0179468_23231073.jpgb0179468_23233359.jpg



 ◎ JET【ジェット】シリーズ

▶ FA-15 JET
ラディカルでオールラウンドに使えるモデルです。進化を求め、波の上でもっと自分の気持ちを表現する事を可能にするモデルです。きつめのロッカー、ボトムには深いシングル~JETテールへのダブルコンケーブを施し、洗練された薄いボキシーレールとのコンビネーションが今までに無い加速性とマニューバー性を生み出します。また、パワフルなカービングターン、回転性に富んだエアリアル、操縦性に富んだスピンを可能にし、掘れた頭サイズのコンディション含め様々な状況に対応可能です。→お問い合わせフォームへ

b0179468_1327628.jpgb0179468_1327295.jpg

▶ FA-16 JET AFTERBURNER
このモデルはハイドロフォイルの中でもパワフルなコンディションに適したモデルです。特殊な6本のチャンネルが施されていて、パワフルなビッグウェーブでも正確なコントロールを可能にし、ホールド性にも優れています。また驚くほどに汎用性に富んでいるためスモールウェーブでもすばらしいパフォーマンスを可能にしてくれます。JETテールは中央のチャンネルから生まれる水流をリリースし、JETピンが他のチャンネルからの水流をリリースします。F-16は、中級者~プロサーファーに適したモデルです。→お問い合わせフォームへ

b0179468_13363199.jpg


▶ FA-18 JET HYDROFISH
一見して水流抵抗の非常に小さい、驚く程にスピードの持続性に優れたJETテールモデルです。スモールコンディション用にデザインされ、ユーザーに非常にフレンドリーなモデルです。FA-18は小さくパワーの無い波でも無理なく滑る事ができ、加速性が優れているためラディカルな動きも可能にしてくれます。→お問い合わせフォームへ

b0179468_13594175.jpgb0179468_13595869.jpg



 ◎ QUADROFOIL【クアッドフォイル】シリーズ

ここまでに紹介したボードデザインは全て、手作りのパワードライブフィンを使いクアッドタイプでもセットアップが可能です。各モデルにクアッドのフィンセットアップをする事でまた違ったおもしろさを味わう事ができます。デュアルフィンに比べ少しドライブ性が優れ、より大きなスプレーを上げる事が可能になります。総合的に言えば、ここまで説明したデュアルフィンモデルが最良のパフォーマンス性を備えていますが、ライダーそれぞれの乗り味の好みや個性を大切にした楽しみの幅を広げる選択のひとつがクアッドフォイルです。→お問い合わせフォームへ

b0179468_1421018.jpgb0179468_14211339.jpg
[PR]
# by dantomo-j | 2009-01-01 00:00
お問い合わせ&オーダー
Tomosurfboardsjapan
(Seab Surfshopシーブサーフショップ内)
住 所 
〒421-0422
静岡県牧之原市静波2220-2
営業時間 
平日10:00~18:30 
土日祝10:00~18:00
定休日:毎週火曜日
TEL&FAX 0548-23-0277
TomoSurfboards のお問い合わせで、お電話での対応は基本的に土日のみとなります。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いします。


お問い合わせは下記メールアドレスまで
tomosurfboardsjapan@gmail.com
[PR]
# by dantomo-j | 2009-01-01 00:00 | ▼お問い合わせ&オーダー
DANIEL “TOMO” THOMSON

b0179468_14191461.jpg

           年齢:29歳  住居:San Diego California, Lennox Head Australia
           職業:プロサーファー, サーフボードデザイナー, シェイパー
           使命:過去に類を見ない最新のハイパフォーマンス性能サーフィンツールを世に送り出すこと


TOMOは、熱心且つ飛び抜けた実力を持つフリーサーファー・サーフボードデザイナーであり、29歳にして既に“ウルトラモダンパフォーマンスプラニングコンセプト”の教祖とされています。高いサーフィン能力を持ち、歴史に名を残す何人ものレジェンドサーファー・デザイナーから指導を受け、過去に類を見ない最もラディカルな優れたパフォーマンス性能を持つサーフボード開発に、自身の“シックスセンス”を表現しているのです。



“ ダニエルのボードは、彼の革新的なサーフィンそのものである。彼の過去の栄光・作品は、彼の描くマニューバー全てにリンクし表現されている。彼は美徳として進化を語る… ウェイクボードをサーフボードだと想像してみて。フリップやマルチなエアリアル回転がこれからのサーフィンの基準になる。彼のここまでの業績は、彼自身の多くの経験と伝統的なフィッシュ全盛期の存在からなり、それらが彼のサーフィンに流動性を与えた。… ハイテクサーフィンに楽しく密接に並置することが彼の役目である。”
                          2010年5月/6月号(78号)“ Surfer Path Magazine ”からの抜粋 文:Andrew Smith

b0179468_14194244.jpg

[PR]
# by dantomo-j | 2009-01-01 00:00 | ▼ダニエル・トムソン
  
|