<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
米surfer誌で、、、
米surfer誌でケリースレイターさんのコラムから
b0179468_9263482.jpg
b0179468_9263944.jpg
b0179468_9264482.jpg


“今、世代間の隔たりが活発化されてきている。

今世紀初め、新たなフリーライダー達の登場により、従来の類似性が打ち砕かれた。

ここ4~5年の間で注目を浴び続けている表現派達、

コリー ロペス、デイブ ラストビッチ、そしてサーファー/シェイパーであるダニエルトムソンら(皆スレイターより若い)が、

新たなフリーグライダーズとして脚光を浴びはじめた事で、

フリースタイルの新境地が開拓された。

彼らは、ケリー・スレイターと彼に忠実に使える者たちにより守られ続けてきた社会的常識を打破すべく、挑戦を続けている。”





上記は、内容の一部を簡単に翻訳してもらったものです。



つまり、ケリーの登場により少し前の誰もがスラスター 一辺倒だった時代から、新しい時代に移り変わりはじめたということです。

もちろん、ケリーは未だに世界のサーフィンを最先端で引っ張っているのに違いないですが、

みんながケリーのようになれるわけではなく、

また、そうなる必要もないのです。

オリジナルな発想で、新しいアプローチの仕方から、

新しいサーフィンの世界を表現するものたちがあらわれ、

新たな革命がおきているということです。




過去の、サーフィンの進化には必ず優れたサーファーの出現と、新しいサーフボードデザインが登場してきました。
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-27 09:52
PSYKO
b0179468_1458168.jpg

b0179468_1502529.jpg

b0179468_14582132.jpg

Tomo Surfboards

MPH/PSYKO 5’8”

Design&Shape by Daniel Thomson



SOLD OUT


PSYKO(サイコ)が最新モデルとして登場です!

PSYKO は、より足の下の感覚を感じられることを目的としてデザインされたモデルです。まさに、足の裏からボードを通じて水の流れが伝わってくる感覚です。

ライディング中、波と自分の身体の間にボードがあることを忘れてしまうような不思議なボードです。

DOUBLE BUMP FLYER と称する2つのウィングが水の滑走性を向上させ、更にはクアッドチャンネルとの融合により、ラディカルなセクションにおいてより無抵抗で自然なターンを可能にさせてくれます。

コンディションを問わずオールラウンドに活躍します。

現在、ダニエル自身もっとも使用頻度の高いモデルです。





近日入荷予定のPSYKOのストックリストは以下の通りです。

5'4"×18 1/4”×2 1/8"

5'5"×18 1/4"×2 3/16"

5'6"×18 1/2”×2 1/4”

目安として、現在使用しているノーマルのショートボードのサイズからみて、幅と厚みをそのままに、長さを6~8インチ短くすると丁度良いサイズになります。

それで、普段使用しているボードよりパドルや波をキャッチするスピードが上がり、さらにターンの伸びもよくなります。

また、コンパクトでキレのあるタイトなターンも楽にできます。
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-25 15:35
JAPAN Shape
b0179468_11404470.jpg


インタースタイル展示会のため来日したダニエルさん。

明日のフライトでカリフォルニアへ帰ります。

帰ります??

そう、今年からカリフォルニア エンシニータスに引っ越しました。



今回も、お客様から頂いたオーダーのジャパンシェイプを行いました。

今年に入ってから、このあたりのエリアはずっと波がなかったのに

ダニエルさんが来日したらすぐに波がでました。

なぜか毎回このパターンです。

なにか波を引き寄せる特別なパワーでも持っているのでしょうか?


帰ったら、

USAでの展示会。

日本では、今年の夏頃リリースになると思いますが新しいDVDのための撮影にも行きます。

慌ただしいスケジュールです。


次は、5月末「Fish Fly JAPAN」の時に来日を予定しています。
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-24 11:53
Quad FIN's
b0179468_12311989.jpg

MPHシリーズのベクタークアッド
b0179468_12312818.jpg

今回は、トライフィンでも試すことができるようにFCSでフィンが取替えできるよにしてみました。

基本コンセプトは同じですが、ライダーそれぞれの好みによってフィンセッティングが可能になります。

b0179468_1231352.jpg

ヴェクターモデルの特徴的なコンケーブ。

水面との密着性を高めるために、一見チャンネルの用にも見えるほど深い4つのコンケーブ(クアッドコンケーブ)を入れることで、衝撃的なスピードでフラットなフェイスさえも滑走することができます。
ダニエル・トムソンのオリジナルボトムデザインのひとつです。

b0179468_12314879.jpg

ジョージ・グリノウさん、そして父マーク、ダニエルとで開発デザインされた、

トムソン家、伝家の宝刀 「パワードライブフィン」 シリーズ。

このフィンは、マークが特許を保持しており 他ではコピー製造、使用することはできません。

今回はFCSにセットできる用に作られ、さらに素材にカーボンクロスを使用しています。

ものすごく しなり、反発力も格段にあがります。
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-21 12:59
インタースタイル 横浜
2/15~2/17で、横浜パシフィコにてインタースタイル(展示会)が行われました。

今年もTomo Surfboardsで出店させていただきました。


b0179468_1415934.jpg

今年は、シンプルに新作のMPHシリーズのみを展示。

b0179468_14153064.jpg

3日間でしたが、たくさんの方たちに来ていただけました。

ありがとうございました。


b0179468_14155075.jpg

AXウェットスーツのライダーでもある真木タイトさん。

Axxe Classicライダーのダニエルさんとは同じチームメイトで、日本国内のプロモーションなどで一緒に旅にでたりします。

プロサーファー同士、またタイトさんも現在シェイプの修行中ということもあり、サーフボードについての深い話をされていました。



アメリカでの展示会でもそうですが、ダニエルさんのボードはトップサーファーや、トップシェイパーさんたちに人気があります。







現在、静岡の静波、御前崎エリアでサーフィンしています。

NEWボードに、NEWウェットスーツをゲットしたダニエルさん。


さあ!サーフィン、サーフィン!!
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-18 14:55
カリフォルニア
b0179468_13532781.jpg

photo: Billy Watts.

Rider: Daniel Thomson


カリフォルニアの冬は最高です。今年のウィンターシーズンは若干スローなスタートでしたが、先週からは北半球に届くうねりが活発的になり、いたるところでクオリティの高い波がブレイクしています。
[PR]
by dantomo-j | 2011-02-14 14:15
  
|