<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
NANO
b0179468_13243499.jpg
b0179468_13243929.jpg

Tomo Surfboards

MPH TRI

NANO 3X / 5'4"


b0179468_13244840.jpg

b0179468_1324527.jpg

Rider:SAKAE
Photo by Pedro Gomes / ペドロ ゴメス
http://bestwavereport.blogspot.com/

b0179468_1324577.jpg

                         ↑ 一番左SAKAE
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-30 13:53
PSYKO 2011
b0179468_1291360.jpg
b0179468_1292126.jpg

Tomo Surfboards

MPH TRI(2011 New)

Model:PSYKO

Design & Shape by Daniel Thomson

b0179468_1045100.jpg

b0179468_1064789.jpg

Photo Mark Thomson

【PSYKO】

PSYKOはMPHシリーズでは最も新しいモデルです。

これは、より足の下の感覚を感じられるようデザインされたモデルです。

DOUBLE BUMP FLYERと称する2つのウィングが水の滑走性を向上させます。

更には、クアッドチャンネルをあわせることにより、ラディカルなセクションにおいてより無抵抗で自然なターンを可能にさせてくれます。

ヒザ波からオーバーヘッドサイズまで、コンディションを問わずオールラウンドに適応するモデルです。
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-29 13:40
MPH TRANSITION
b0179468_13111938.jpg
b0179468_13112563.jpg

Tomo Surfboards

MPH

TRANSITION 5'4"×18 1/4"

StringlessEPS+EPOXY

Design&Shape by Daniel Thomson


このモデルは、伝統的なスワローテール(大きなフィッシュテール)のボードの様にターン時の食いつきが良く、テールセンター部のダイアモンド形状が回転性を抑制しNANOよりも更にシャープな方向転換を可能にさせます。



SOLD OUT
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-28 13:15
MPH Raptor V2
b0179468_12405285.jpg
b0179468_12405880.jpg
b0179468_1241386.jpg

Tomo Surfboards

MPH

Raptor V2 Channelbottom 5'4"

StringlessEPS+EPOXY

Design&Shape by Daniel Thomson



For KAZ-8
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-26 12:45
Nano
b0179468_104118.jpg
b0179468_1041543.jpg
b0179468_1042024.jpg

Tomo Surfboards


MPH


Nano 3X (StringlessEPS+EPOXY) 5’4”×18”



Design&Shape  by  Daniel Thomson



For Hidemi
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-24 10:18
V1 Afterburner
b0179468_111833.jpg
b0179468_1111596.jpg
b0179468_1112174.jpg

TomoSurfboards

Hydro Foil

Raptor V1 Afterburner

5'8"×18 1/2"×2 3/16"

Design & Shape by Daniel Thomson

For Ryou
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-18 11:05
2011 TOMO MPH (Modern Planing Hull)
By Daniel Thomson.

“For me, it’s all about top end speed. The more speed I can generate; the
more radical my performance potential becomes”.

私にとって、全てはスピードです。
更なるスピードを生み出す事で、自身のパフォーマンスポテンシャルは増し、更にラディカルな動きを可能にします。

The Modern Planing Hull (MPH) is a design category for modern high
performance surfing. Based from the 20th century planing hull research
uncovered by Richard Kenvin and the ‘Hydrodynamica project’ including the
Lindsay Lord planing research explored in [the Navel Architechture of
planing hulls] of 1946, and Bob Simmons planing hull surfboards of the
1950's.

"モダンプラニングハル(MPH)"は、
Richard Kenvinによりリサーチされた20世紀のプラニングハルや、
Lindsay Lordによりリサーチされた1946年の”the Navel Architechture of planing hulls”、
1950'sのBob Simmonsによるプラニングハルサーフボードを含む”ハイドロダイナミカプロジェクト”を元に、
最新且つ最高度なパフォーマンスを実現させたデザインです。

However the TOMO MPH is more closely akin to modern hydro-plane board sports
of Wakeboarding and Kiteboarding. The past and present of planing hull board
sports is meshed with modern surfboard design and technology to create a
ultra modern and unique surfing experience

TOMO MPHは、モダンなハイドロプレーンボードスポーツである、ウェイクボードやカイトボードにより近い要素を兼ね備えています。
過去現在のプラニングハルボードは、モダンサーフボードのデザインとテクノロジーとの融合させ、
ウルトラモダン且つ他に類を見ないサーフィンを可能にさせます。
b0179468_1025267.jpg



TOMO MPHは、サーファー自身の身体の進化の延長の様なものです。
心でサーフィンするかの様に、ラインをとり、後はボードに身を任せるのみです。
足の下にボードがある事を忘れさせるかの様に、波のエネルギーをダイレクトに体感する様な感覚に陥る事でしょう。

I am convinced that the modern planing hull design will allow surfers to
experience higher levels of personal performance. I also strongly believe
that the MPH design will provide a platform for top professional surfers to
take surfing to new levels of ‘Ultra high performance’. A design capable
of executing the aerial manoeuvres only attempted in the Skate, Snowboard
and wake disciplines, whilst still excelling on wave face with incredible
speed, flow and power fundamentals of all true performance surfing.

最新のプラニングハルは、より高いレベルでのパフォーマンス性をサーファーに提供できるデザインだと確信しています。
また、MPHデザインは、トッププロサーファーが更なる進化、”ウルトラハイパフォーマンス”を
手に入れるための基盤にもなると強く確信しています。
今まで、スケートボード、スノーボード、ウェイクボードでしか実現不可能だった様な事を、
スピード性・浮力・パワーといったサーフィンに必要不可欠な要素を欠く事無く可能にしてくれます。
b0179468_1027351.jpg
b0179468_10271028.jpg
b0179468_10271669.jpg


TECHNICAL INFO

スペック情報

18 months of rigorous development and testing since first MPH concept in
April 2009. I have achieved a harmonious balance of the following design
properties:

18ヶ月に渡る綿密な開発とテストを経て、2009年4月に最初のMPHコンセプトが確立されました。
以下のデザインとのバランス調和に成功しました。

- Lower drag and increased Thrust is achieved through applying:

以下を採用する事により、抵抗の軽減、推力の向上に成功しました。

A Parallel (straighter) foiled outline with forward widepoint and:

ワイドポイントを前方に配置した平行的な(直線的な)フォイルのアウトライン、

Fluid amplification curves. Outlines and rocker.{ typical Hydrofoil /
Aerofoil curves } provides significant drag reduction and higher levels of
Dynamic surface planing lift.

水力を増進させるカーブ、アウトラインとロッカー。
典型的なハイドロフォイル・エアロフォイルカーブが著しく抵抗の低下とダイナミックなプラニング滑走揚力を生み出す。

Balance of Volume in relation to surface planing lift. {L = CL P2 SV2}

数学式{L = CL P2 SV2}に基づく、ボリュームと滑走揚力とのバランス性。

*SIMMONS FORMULA: Efficient planing surface provide effective lift to
counteract the riders weight.

”シモンズ数学式”:効率的な滑走性が乗り手の重量を高揚させ軽減させる。

- Therefore a reduction of physical length, area and volume is necessary.

従い、物理的な身長やボリュームの低減は必要不可欠であるという事。
b0179468_10302218.jpg


Naturally, the lower drag and higher degrees of dynamic surface planing lift
result in increased Speed. Both Acceleration and Top-end.

必然的に、抵抗の低減と揚力の向上はスピード性(加速性・上限)を増す要因となる。

With an increase of the potential speed of a surfboard design requires equal
degrees of control. The balance of these two aspects is crucial to a
successful surfboard design.

また、スピードの潜在能力を向上させるためには、同じレベルのコントロール性能が求められる。
これら2つのバランスは、完成度の高いサーフボードデザインを作り上げるためには必要不可欠である。

- I have set out to achieve this without compromising with drag induction.

私は、これを、極限まで抵抗を低減させる事を追求した事で成功させる事ができました。

This can be achieved by applying:

成功の要因は以下:

Lengthening of the hard edge (further lift and drag reduction) combined
with modern, low volume, medium/ boxy rail profile for sensitive and
forgiving rail transitions.

揚力向上と抵抗の低減を目的とし、ボリュームを落とした最新のミディアムボキシーレールを融合させた、より長く伸びるハードなエッジ。

A parallel fin placement ( 0 degrees tow) will provide excellent control
with negligible drag.

平行なフィン配置(0度)が抵抗のほとんど無い優れたコントロール性能を生み出す。

Complex Channel and Concave bottom contours and calculated angular and
vector tail profiles have also achieved positive results with low drag
control through radical directional changes.

チャンネル・コンケーブとの融合と、緻密に計算されたベクターテールの角度も、
抵抗を極限まで落としたコントロール性とラディカルなコントロール性能を生み出す要素である。

Custom Designed Power-Drive Fins and Keels: (Thomson designed) flex
engineered hatchet fins provide increase drive and acceleration through
turns with the low drag properties of smaller overall surface area and
ability of the fin tips to instantaneously adjust (flex and load) to
changing laminar pressures engaged by the rider and environment of the wave,
providing constant forward thrust.

カスタムデザインされたパワードライブフィンとキールフィン:
(トムソン家により開発デザインされた)フレックス性に富んだ斧型フィンが、
ターン時のドライブ性と加速性を生み出す。
更には、いかなる状況においても適応し、いかなる波のコンディションにおいても調和し推力を導き出す。
b0179468_1033131.jpg



ライディングについて

Ride Speed of the MPH is immediately noticeable compared to traditional high
performance shortboard design and requires little energy output from the
rider. It has impeccable rail sensitivity and a predictable and controlled
feeling underfoot.

MPHの乗り味(スピード性能)は、今までのハイパフォーマンスボードデザインとは明らかに異なり、
乗り手からはほんの微量のエネルギー(力)しか必要にしません。
特にレールは申し分無い程に感受性が高く、優れたコントロール性能を兼ね備えています。
b0179468_10392411.jpg


The parallel rail line combined with a significant increase in hard edge
provides the boards with the ability to draw powerful, drawn out bottom
turns and radical sharp directional changes with shifts in weight between
the front and back foot.

ハードエッジとを融合させた並行したレールラインが、パワフルなボトムターン、
ラディカルで鋭い方向転換、更には瞬時に前足後足の体重移動を可能にしてくれます。

Physical shortness of the design allows natural free flowing manoeuvres in
critical sections of the wave and inside the tube with speed and control.

ボード自体の長さを短くした事で、クリティカルなセクションでも思い通りのマニューバーを描く事ができ、
チューブの中でのスピード・ボードコントロールも容易にしてくれます。

The excellent planing attributes and low drag allows the design to glide
freely and hold speed in even the most flat face weak wave conditions.

優れた滑走性能と低い抵抗性を兼ね備えたこのデザインにより、
フェイスの無い波のコンディションでも優れたのコントロール性能及び
スピードの耐久性を実感できるはずです。

Outstanding aerial control: The MPH’s natural speed, control and small
profile automatically favours itself to ‘above the lip attack’ however it
is the aerofoil like
plane shape of the outline gives the design remarkable boost and flight
control. the symmetrical nose gives the rider excellent control and pivot in
a “nose first, re-entry into the wave face situations”. Also, the improved
safety of rounded nose gives the rider more confidence to push the limits of
their aerial creativity.

突出したエアリアルコントロール:
MPHにより発揮されるスピード性能、コントロール性能、そして形状自体の小ささにより、
”リップを超えた攻め”が必然的に有利になります。
飛行機の翼の様なデザインで、このアウトラインが優れた押し出しと飛行能力を生み出します。
また、左右対称的なノーズが、”ノーズからの着地、リエントリー後の応対”に優れたコントロール性と旋回性を生み出します。
更に、丸い形状により安全性が向上した事で、より確信と創造性を持ってエアリアルの限界にチャレンジする事が可能です。
b0179468_1043836.jpg


Comfortable flat water paddling. ( comparable to hp shortboard)
Increased wave catching ability ( improvement to hp shortboard)

パドル時の安定性(ハイパフォーマンスショートボード比較と同等)
波をキャッチする能力の向上(ハイパフォーマンスショートボード性能からの向上)

Tri fin, Dual fin Quad fin. All equal in performance with different ride
personalities to suit individual styles in a wide variety of wave
conditions, knee high ? to a maximum of double overhead conditions. ( Each
model is more specifically tuned to certain wave conditions.)

トライフィン、デュアルフィン、クワッドフィン、全てにおいて同じパフォーマンス性能を持ち、
乗り手個々のスタイルや様々な波のコンディション(膝波からダブルオーバーヘッドまで)に対応。
(個々のモデルは更にコンディションに合わせたカスタマイズが可能)

MPH SCALE RECOMENDATIONS

MPHにおいてお勧めするサイズ

The MPH is a at the forefront of modern refinement and hence a smaller more
efficient package to the traditional hp Shortboard, using more effective
planing shapes and redistribution of surface area to counteract the
reduction in size and volume.

MPHは、洗練された故に従来のハイパフォーマンスショートボードより小さくシェイプされた有能な最先端モデルです。
より滑走性を増し、表面積の改良により、サイズとボリュームが小さくなった要素を補っています。

Larger surfers, don’t be deterred , the MPH scales perfectly to suit just
about any surfers needs. If you can ride a regular hp shortboard ? you can
ride a MPH
More comfortably, in fact!

体型の大きなサーファーのあなた、あきらめないでください。
MPHの形状はどんなサーファーにも問題無く適応可能です。
もしあなたが通常のハイパフォーマンスショートボードに乗れるなら、間違い無くMPHならもっとサーフィンが楽しくなるはずです!

Please refer to the following sizing recommendations.

以下、サイズを考える上でのご参考までに。

6“ - 8 ” shorter than traditional all-round Shortboard. [ reduction in
length in relation to the surfer ability] : 6” for Surfers of average
ability or fitness, 7-8” for Advanced to professional surfers.

典型的なオールラウンドショートボードより6インチから8インチ短く。
乗り手のレベルによって長さの縮小度合いを調節。
平均的なレベルのサーファーであれば6インチ短く、上級者からプロサーファーであれば7から8インチ短く。

Same width as customer’s ideal width for all round shortboard or general
wave conditions. (Daily Driver)

乗り手が理想的と思う、オールラウンドに使用するショートボードと同じ幅。

Same thickness as generally ideal for the customers weight.

乗り手の体重からして一般的に適しているとされる厚さ。

Example: if you ride 6’2” x 18 1/2” x 2 1/4” HP Shortboard of Average to
good level rider . You will ride 5’8” x 18 1/2” x 2 1/4” MPH .

例:もし、あなたが、通常 6’2” x 18 1/2” x 2 1/4” のハイパフォーマンスショートボードに乗っていて、
平均からそこそこ上手なサーファーなら、5’8” x 18 1/2” x 2 1/4”のMPHが適したサイズでしょう。

b0179468_10471490.jpg


THE FUTURE:

未来について

“There’s no doubting the Modern Planing hull’s efficiency and I feel the
future of high performance surfing is wide open! In a rapidly growing and
diversifying time period, the rules of the game are constantly being
stretched and broken and i feel the time has come for the shortboard to
evolve to the needs of the most radical and freeminded athletes. And, with
advancements in material technology to aid our quest to defy to laws of
physics….. there’s no telling what the future holds.The Modern Planing
Hull is a foundation of endless possibilities, broad enough for all
designers to add their own creative flair for the future”. Enjoy……Tomo
(2010-10).

"MPHの性能は疑いようなく、MPHの開発によりサーフィンパフォーマンスのフィールドは更に広がったと感じています。
この急速に発展し多様化を続ける時代の中で、競技における固定概念も崩壊しつつある今、
もっとラディカルで、アスリート個々が自由な発想で欲する様なショートボードに進化すべき時代が到来していると考えます。
そして、原材料におけるテクノロジーの進化も、物理学的な常識を打ち破るための援護になっています。
将来どうなるかなんて誰も知り得ない。
しかし、MPHは、全てのデザイナーがそれぞれ個々のクリエイティブな創造性をもって進化を遂げるための
無限な可能性の基盤となる事でしょう。
エンジョイ。。。
TOMO
2010年10月

b0179468_10511970.jpg

*And here's a little sample of the future. the one on the Right is a Tomo
5'4 x 18". in Krypt Technology Carbon fibre.

*ここで、未来を見据えたサンプルを少しご紹介。
右側にある1本が、5'4 x 18"のクリプトテクノロジーカーボンファイバー。
b0179468_10522415.jpg

[PR]
by dantomo-j | 2010-11-11 11:07
日本海で試乗会
b0179468_13182526.jpg
b0179468_13183075.jpg
b0179468_13183676.jpg
b0179468_13184252.jpg
b0179468_13185168.jpg


11月5日(土)は、EVIN SURF富山店さんでTomoSurfboardsの試乗会が行われました。

波はあいにくのスモールコンディションでしたが、朝から日が暮れるまでずっとサーフィンは可能でした。

まだそんなに冷たくないとはいえ、

やっぱり静岡から行ったら海水が冷たく感じられました。


たくさんのお客様が時間をみてビーチまで足を運んでくれました。


みなさんと共に、すばらしい時間を過ごすことができました。


オーナーの川淵様、本当にありがとうございました。
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-08 13:33
Typhoon Swell
http://77image.blogspot.com/

b0179468_13151382.jpg


どうぞチェックしてみてください。

10/30の台風スウェル、

こんな波もありました。

SAKAE君のTomoSurfboardsでのライディングが見れます。
[PR]
by dantomo-j | 2010-11-01 13:12
  
|