カテゴリ:▼ダニエル・トムソン( 2 )
ダニエル・トムソン = TOMO
b0179468_20563385.jpg

僕の記憶からして、3歳の頃にサーフィンを習い始め、オーストラリアの NSW(ニュー・サウス・ウェールズ)州にある Broken Headのビーチ沿いにある熱帯雨林で George Greenough といった隣人とユニークな幼少時代を過ごしました。以降、何年にも渡り父親である Mark Thomson の作り出すデザインを目に焼き付け、トリップで訪れた Brad Gerlach、Tom Curren、Donovan Frankenreiter と巡り合い、同時に彼らの最新ツールとずばぬけたセンスとパフォーマンスに自然と虜になり、憧れる様になりました。初めてシェイピングツールを手にしたのは5歳の時、父親のサポートを得つつレールをカットし、カスタムボードをシェイプしました。

その後、何年もの間シェイプルームの片隅に座り父親がパワープレーナーを手にシェイプする姿を見てきましたが、自身のためにシェイプをしたいと気持ちにかき立てられたのは14歳の時でした。自身が使うボードがどうあって欲しいか、どういう動きをして欲しいか、と自分なりに模索し始めたのも恐らくこの頃だったと思います。以降、スキルを上げるのと併せ、少しずつですが自身の考えをシェイプに反映できる様になりました。10代後半から友人にもシェイプし始め、周囲の人達が僕のデザインに興味を持ち出してくれ、コンペティションに飽きてきた事も重なり、次第にフリーサーフィンとシェイプスキル向上に集中し始めました。

“ 僕にとって、サーフィンとはただ波に乗るだけではなく、自然をより深く理解し、自身が秘める精神性をより発達させるものだと考えています。従ってサーフィンに使うツールというのは、体を動かす動作と、海との精神的交流をする上で丁度中性であるべきと考えています。”

2004年に Richard Kenvin(Hydrodynamica.com)と出会い、その時始めて Dual fin fish を紹介され、一瞬にしてそのシンプルなデザインと自然なパフォーマンス性の虜になりました。厚さ2インチのスラスターに飽き飽きしていた事もあり、その出会いでサーフィンに対する意欲を改めて掻き立てられ、フィッシュに fall in love してしまいました。その後、フィッシュの秘めたポテンシャルに気付き出し、最良のパフォーマンスを生み出すためにボリュームを落としデザインに磨きをかけました。この継続が今日ある最新のデザイン【HYDRO FOIL/ハイドロフォイル】を生む事になったのです。

サーフィンにおける更なる飛躍は、アスリートとしての進化よりも、使用する道具の進化によってもたらされると心から思っています。世界のトップレベルに位置するサーファー達も、過去20年で若干しか変化していないデザイン、50年変化していない素材によって、進化を妨げられてしまっているのでは… と僕は考えます。

僕自身、未だサーフィンから教わる身でありますが、海と調和する為のサーフボードの物理的本質に他とは違う特殊な考えを抱いていると感じています。サーフボード製造とは科学でありアートであり、デザインの潜在性は無限大だと考えています。- ダニエル・トムソン
[PR]
by dantomo-j | 2009-01-01 00:00 | ▼ダニエル・トムソン
DANIEL “TOMO” THOMSON

b0179468_14191461.jpg

           年齢:29歳  住居:San Diego California, Lennox Head Australia
           職業:プロサーファー, サーフボードデザイナー, シェイパー
           使命:過去に類を見ない最新のハイパフォーマンス性能サーフィンツールを世に送り出すこと


TOMOは、熱心且つ飛び抜けた実力を持つフリーサーファー・サーフボードデザイナーであり、29歳にして既に“ウルトラモダンパフォーマンスプラニングコンセプト”の教祖とされています。高いサーフィン能力を持ち、歴史に名を残す何人ものレジェンドサーファー・デザイナーから指導を受け、過去に類を見ない最もラディカルな優れたパフォーマンス性能を持つサーフボード開発に、自身の“シックスセンス”を表現しているのです。



“ ダニエルのボードは、彼の革新的なサーフィンそのものである。彼の過去の栄光・作品は、彼の描くマニューバー全てにリンクし表現されている。彼は美徳として進化を語る… ウェイクボードをサーフボードだと想像してみて。フリップやマルチなエアリアル回転がこれからのサーフィンの基準になる。彼のここまでの業績は、彼自身の多くの経験と伝統的なフィッシュ全盛期の存在からなり、それらが彼のサーフィンに流動性を与えた。… ハイテクサーフィンに楽しく密接に並置することが彼の役目である。”
                          2010年5月/6月号(78号)“ Surfer Path Magazine ”からの抜粋 文:Andrew Smith

b0179468_14194244.jpg

[PR]
by dantomo-j | 2009-01-01 00:00 | ▼ダニエル・トムソン
  
|