Quad Fin's
b0179468_19154476.jpg
b0179468_19155057.jpg
b0179468_19155675.jpg
b0179468_1916293.jpg

今回来日の際、ダニエルさんのパーソナルボードの中に一本だけあったQuadモデル。
基本的にどのテール形状でもオーダー可能です!
パワードライブフィンは、デュアルフィン(二本フィン)でもスラスターと同等のコントロール性があります。
これをクアッドにすることにより、さらにグリップ性、コントロール性が優れてきます。そして、なんと乗り心地は意外とスムーズな感じです。
ダニエルさんが言うには、「パンチの効いたサーフィンならNEWモデルのRAPTOR V1 AFTERBURNER(4チャンネルが入ったヤツです。。)が絶対オススメ!これは、スネ~ヒザの小波からオーバーヘッドまで最高さ!」って。。
スムーズなラインサーフィンには、このRAPTOR V2のQuadがオススメだってさ!!もちろん、こちらも波のサイズはオールラウンドに対応しています。
まぁ、一緒に入って見てる限りでは「あんたはどのタイプ乗っても、パンチの効いた、それでいてスムーズなサーフィンだと思うけどね!」
でもね、スピードに関しては、他のタイプのボード(通常のスラスター三本フィン)とハイドロフォイルとでは、見ていて明らかに違いがわかります。(自分で乗ってみてもらえればさらにわかると思います。)

ハイドロフォイル
クアッドモデル (ポリエスター)←通常の一般的なサーフボード素材です。
¥140,000~
[PR]
by dantomo-j | 2009-06-19 19:42
  
<< Japan promo tour | Japanese typica... >>